AtCoder AGC010 A - Addition

解法

偶奇だけみればいい。

操作は以下の2種類だけ。

(偶数)+(偶数) = (偶数)

(奇数)+(奇数) = (偶数)

奇数が奇数個あるとき、奇数同士を全部くっつけていっても、最後に奇数が1個に対して偶数が1個以上となり、詰む。

そうでないとき、つまり奇数が偶数個ならば、奇数同士を全部くっつけて0個以上の偶数になる。あとは、もともとの偶数ともくっつけていけばいい。

 

まとめなど

値は偶奇しか見なくていい。

広告を非表示にする